読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢乃時の夢日記

妄想の結果妖夢総受けこそが正義だったんだよ

妖夢「頭痛い」早苗「私が抱きしめてあげましょう」

妖夢:なんでよ。

早苗:だって頭が痛いんだから寝たいに決まってるでしょう?

妖:まぁそうだけどねぇ……

早:だから私の胸をお布団代わりにすればいいのよ

妖:いやだからなんで。

早:とりあえずお題スロット―!!

妖:え、ちょ、カテゴリー違うから!?

続きを読む

ユキ「災害は幻想入りするの?」妖夢「さぁ?」

今週のお題防災の日

ユキ:夢乃が名古屋大学という所で講習を受けたみたいだけど、その知識って幻想郷でも役立つの?

妖夢:魔界だったら役に立つんじゃないの?

ユ:魔法でなんとかなるからねぇ。

妖:うわぁ。

ユ:災害に遭った時は五感を使って状況を判断しなさいだとか、自然に立ち向かおうとするなとか。

妖:自然は愛でてこそ自然だと思うのよ。

ユ:よっ、庭師

妖:えへへ……でも、やっぱり幻想郷でも災害は起こるわね。私はあまり関与してないけど。

ユ:そうなのね。だったら火災時はおはしも。

  押さない。 走らない。 喋らない。 戻らない。

妖:火災の原因を握るあなたが言ってもなぁ……

ユ:じゃあ地震かな!?

  押さない。 走れ。命がかかってる。 叫べ。生きれたのなら助けろ。 揺れが収まるまで動くな。逃げれるようになっても戻るな。生きろ。

妖:結構かっこいいわね。

ユ:大体こんな感じだからね。うん。という訳で今回はノルマ未達成で終わりまーす以上。

咲夜「お姉ちゃんどいて!そいつ殺せない!」妖夢「」

妖夢:そいつって誰のことよ。
咲夜:鈴仙
妖:そして私はいつあなたの姉になった。
咲:今さっき。
妖:そしてこの雨はなんだ。
咲:おてんとさんがお姉ちゃんを帰したくないって言ってるのよ。
妖:……咲夜って何歳なの?
咲:んー、14位かなー。
妖:もっと歳とってるかなって思ったんだけど。
咲:どうやっても歳でお姉ちゃんには勝てないけどね。
妖:それにしても咲夜が私の事をお姉ちゃんって呼ぶのシュールすぎやしない?
咲:え?そう?
妖:そうに決まってるわ。
咲:ところでお姉ちゃん。お姉ちゃんが帰れなくなったら襲うね♪
妖:お願いだから晴れて!!

魔理沙「ちょっと魔が差したんだ」妖夢「有罪」

魔理沙:まさに恋愛裁判ってか?
妖夢:私はあなたにどれだけの罪を問うと思う?
魔:え?いや罪以前に私妖夢に何もしてないから……
妖:これまでに何人の人の心を盗んだと思ってるの?
魔:ん、13人。私は清純派な女子だぜ。お前の心を盗めるようになるまでは盗み続けるつもりだ。
妖:有罪。
魔:いや捕まってすらないだろ。
妖:私の心を盗むまで人の心を奪おうとした。有罪。そもそも……寿命の差分かってるの?
魔:把握済みだ。でも、寿命の垣根を越えてまでお前を愛したいと思っている。
妖:求婚でもするつもり?
魔:ああ……私と共に努力を重ねてみないか?
妖:有罪。
魔:何でだよ。
妖:魔理沙に惚れた人には救いはないから有罪。
魔:ええ……?

咲夜「眠い」妖夢「寝ろ」

咲夜:じゃあ妖夢。私と一緒に寝てくれる?
妖夢:横で寝るならいいわよ?
咲:何その生殺し。私、死んじゃいそうだわ。
妖:じゃあ何。寝るっていうのはどういうことなの?
咲:私に抱かれてみない?っていう話。妖夢ならイケる気がするの。
妖:そういう問題でもないでしょう。とりあえず眠いんなら寝なさい。あと咲夜には抱かれないからね私。
咲:百合以外の逃げ道があるとでも?
妖:いやあるでしょ。
咲:あら残念。
妖(どういうことなの)

ユキ「テーマ回収じゃなくて」妖夢「お題回収」

お題「わたしの黒歴史」

ユキ:来ました黒歴史。思い辺りがあるんじゃあないでしょうか。

妖夢:みょん。

ユ:え?

妖:みょん……

ユ:え?

妖:恥ずかしいからこれ以上言わすな!!

ユ:え?い、いやいや。あれよね?私、萃夢想の辻斬り妖夢かと思ってたんだけど。

妖:あー……花映塚で川に流れちゃったわ。

ユ:三途の川に流れたって?

妖:まぁそういう事ね。

HAHAHA

妖:三途の川に流そうか?

ユ:なら私を殺してみせよ?

妖:出でよ、広辞苑!

ユ:ならばこっちはポケモン図鑑だ!

 

◇ノルマ設置。

 

ユキ「新しい所という訳だけど」妖夢「」

ユキ:とりあえず、笑えばいいと思うよ?はい意気込みは全力で笑おう

妖夢:なんでや

ユ:だってはてなにログインできなくなってこの様ぁだもの、笑うしかないでしょ。しかも最後の雑談が私と妖夢幽々子さんとか草生えるわ。

妖:貴女ごと刈ってあげるわ、いいわね?

ユ:優秀な芝刈り機がここにいた。

 

ユ:という訳で初めまして。東方怪綺談4面ボスの片割れのユキです。

妖:駆逐する側の半人半霊、魂魄妖夢です。

ユ:トラワレタ クツジョクハーハンゲキノト ウ シ ダー♪

妖:ところで夢乃得なんやかんや言ってたけど、やっぱ放棄?

ユ:うん。妖夢総受け美味しいみたい。だからそういう小話を書いていくつもりだって。

妖:えっ

ユ:甘えていいのよ?

妖:えっ

ユ:ガチ目に引かないでお願い。

妖:……やっぱりその反応か。

ユ:あったりまえじゃんの。

妖:ユキのキャラも謎になってきてない?

ユ:まともにはなったわよ。熱い子暑い子人情厚い子で固定されたわ。

  妖夢こそキャラがやばいんじゃあ

妖:私の性格が安定しなさすぎて夢乃時がヤバいのね。

ユ:そゆこと。だから夢乃得補正がかかってたのかもしれないけど、やっぱり妖夢は怒りにくいふわふわした性格がデフォルトでいいんだってば。

妖:そっか。そういうのでいいのね。

ユ:波長が長いって言われてたしね

妖:私ユキに殺されるのか

ユ:冥人殺しても生きてるでしょうが

妖:それもそうね

HAHAHA

妖:じゃないわよ!本気で殺す気!?

ユ:殺さなーい殺さなーい。

妖:なら良かったわ。

ユ:何処が?

妖:は?

ユ:うん?

妖:広辞苑で殴るわよ?

ユ:ポケモン図鑑で殴り返すわよ?

 

◇テーマ地味に達成