読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢乃時の夢日記

妄想の結果妖夢総受けこそが正義だったんだよ

ミニ小説

貴女と逢い引き

「はぁ……」 丁度、朝の3時頃。 私はお嬢様と妹様が寝たのを確認してから紅魔館から外に出て、霧の湖辺りで人を待っていた。まだ日は沈んでいるが、彼女は日中に仕事がある身。対して私は夜に仕事があるのだ。こうでもしないと会える機会など毛頭ない。彼女に…