読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢乃時の夢日記

妄想の結果妖夢総受けこそが正義だったんだよ

妖夢「頭痛い」早苗「私が抱きしめてあげましょう」

台本書き雑談

妖夢:なんでよ。

早苗:だって頭が痛いんだから寝たいに決まってるでしょう?

妖:まぁそうだけどねぇ……

早:だから私の胸をお布団代わりにすればいいのよ

妖:いやだからなんで。

早:とりあえずお題スロット―!!

妖:え、ちょ、カテゴリー違うから!?

 

お題「この色が好き」

早:緑!

妖:緑!

早・妖:うぇーい

早:だと思ってたのよ!!

妖:だからこのタイミングでお題スロットを使ったのね……被ることを狙って。

早:緑ってさー、緑ってさー。見てると落ち着かない?

妖:自然の色だからね。昔から日本人が好んできた色でもあるし。

早:でも緑って未熟という意味もあるのよ。若葉だけに。さぁ、妖夢の胸は……未熟だぁ!

妖:スタイリッシュセクシャルハラスメント!!

早:女の特権!!

妖:訴えるわよ!?

 

 

妖:いやなんで続きを読んだら続きが出てくるの。

早:メタァ……とりあえずこの文献に見覚えはありますかい?

 

マ「か、勘違いしないでよね。…今もユキ…大嫌い」 雛「あらツンデレ?可愛い。」 美「クーデレから進歩したわね。思いも言えるようになって。」 幽「あとは家族…ユキちゃんみたいでなくてもいいから、ホストファミリーみたいに接してくれれば…」 布「そうだな…」 雛「それって逆に疎遠になってないかしら?」 幽「指摘Thanks!」 マ「…まぁ…素直になってやってもいいけど…」 美「さっさと心を開きなさい。」 雛「悩んでたことが うそみたいね だってもう自由よ なんでもできる」 幽「どこまでやれるか 自分を試したいの そうよかーわーるのよー わたしぃぃぃぃぃぃ」 布「ありのーままでぇー 空へ風に乗ってー ありのーままでぇー 飛び出してみるのぉぉー‼ 二度とー 涙はー流さないわぁぁぁぁ」

美鈴と雛と布都と幽々子とマイの話 - 夢乃時こと夢楽 楽夢楽見楽の現実逃避。

妖:幽々子様は何をやっているんだか。

早:あ、その反応だと見覚えがないそうで。ではこれは

「あなたの名前は、なんて言うの?」
その子は急に微笑んで
魂魄妖夢、です。あなたは?」
「私?私はエレン。妖夢ちゃんって言うんだね。宜しく!」
宜しくと言うと、木霊のように「宜しくお願いします」と返ってきた。
ふぅ…やっと名前が呼べる。ちょっと初対面なのに親しくなれた、かな?

後5%は夢と希望 ゆめのとく。おもて    

妖:黒歴史をいじるのはやめて?

早:えー?じゃあそんな事言うと……こちょこちょこちょこち(

妖:(無言で広辞苑を使って殴る)

 

 

 

妖:起きた。早苗はタフね。

早:まぁ好きな人に殴られたところで痛くもなんともないわよ。

妖:あー?

早:あー?