夢乃時の夢日記

妄想の結果妖夢総受けこそが正義だったんだよ

咲夜「待たせたな」妖夢「待ってない」

咲夜:弾幕ごっこでそっちが勝ったら私で何でもしてもいいわよ、なんて言ったのは誰でしたっけ?
妖夢:ぐ、うぐぐ……
咲:約束は約束。守らないとダメよ?
妖:わかったわよ……
咲:という訳で、食べていいかしら?
妖:半霊を?物理的に?
咲:半人を性的に
妖:ちょっと何それ聞いてない
咲:何でもしていいって言ったのが悪いのよ……
妖:ちょっ……ちょっと?えっ、待って……
咲:問答無用!(ガバッ
妖:きゃー

◇久々にこんなんでスミマセン

怜夢「いえっへーい」陽夢「www」

真理:願ったんなら叶えてしまえやって~♪ ええ~♪
怜夢&真理:君は~♪言って~えぇえ~♪
陽夢:本当怜夢と真理って仲良しだよね!
凉音:それねー。
真理:ん?いや、怜夢とお前程には仲良くないぞ?
陽夢:いやそれはないよ。
怜夢:いや仲良いわよ。ね、先輩。
紗奈:ええ。何しろれゆひゆコンビが同じクラスになったら全校でも絶対に優勝するという伝説が小学生の時からあるって見聞きしたもの。
凉音:確かサナー先輩って高校生になってから引っ越してきたから……知らなかったで合ってるわ。
真理:だろだろー?文武両道で勘使いで色んな手を尽くすのと正々堂々立ち向かうという性格が真逆なのを引き寄せあったんだろうな~。
凉音:でも二人が喧嘩したの見たことがないんだけど……
紗奈:それ程通じてるんじゃないかしら?
ー★ ねむい 寝る

ユキ「えっちな話とかやめるべきだと思うの」

マイ:なんで?
ユキ:だって恥ずかしいじゃん!!
マ:行為って繁殖する生き物だったら誰でもするでしょう?恥ずかしくないわよ。
ユ:そういう問題じゃないの!ふつーに恥ずかしいのー!!
マ:えー?
ユ:そんなこと言うマイだってえっちな話はダメでしょ?
マ:今まで言ってなかったけど……サキュバスって知ってる?
ユ:人間の男の人の精液を絞りとって生きるものでしょう?それが?
マ:実は私ね
ユ:えっ、嘘ー!マイが私に隠れて……人間の男性の……
マ:いや嘘だから。でも今思いっきりえっちな話してなかった?
ユ:あっ
マ:恥ずかしくなんてないわよ。ユキも私と同じような思考で安心したから……
ユ:マ、マイ……!!
マ:ユキ……!
ユ:マイ……!
ユ・マ:(ひしっ)
アリス:何これ

妖夢「かくかくしかじか」早苗「四角いムーヴ」

早苗:ふむふむ、よくわかったわ。で、そのライブは本当にやるの?
妖夢:流石に借り物ばっかりは不味いしできないでしょ……元は私達のを借りているけれども。
早:それもそうよね~、でもやりそうじゃない?
妖:否定できないのが悔やまれる
早:あー……
妖:奇跡でも起きないかなー……
早:今貴女をここで犯せば子供ができるという奇跡ならご覧に入れられるけれど
妖:あー……今はご機嫌ナナメなのね。
早:今さっき諏訪子様と神奈子様が喧嘩始めちゃったからなぁ……
妖:で、どんな気分の時に魔理沙達の思想をねじ曲げる奇跡を起こしてくれるの?
早:貴女に愛撫を仕掛けたい時。
妖:かなりまったりというか、寛容なのね。
早:まぁ、そうね。暇だったらいいわよ。
小傘:……二人の会話が上級者向けすぎて逆に驚かされちゃった……///

魔理沙「ライブやろうぜ」霊夢「わぁい」

咲夜:いきなり何を言い出すのかと思えば……
フランドール:ライブ!私達6人でライブ!!
こいし:おー!
フ:いいじゃんいいじゃん!やろうよ魔理沙
霊夢:私もやるべきだと思うわ。賽銭増えるかもしれないし!?
魔理沙:おっほ。霊夢は信仰絡みになるとやけにノリ気だな。
咲:でも魔理沙。合法的に私達が一緒に歌えるのって1曲しかないんじゃ……
こ:しかもアンコール曲という始末~
魔:そう、そこでだ。あの歌は妖夢のテーマの部分を歌って終わるだろう?出だしとトリが妖夢とかいいと思うんだ。
フ:その代わりちゃんとソロがあるのよね?
魔:ああ、勿論だ。それに誰かが初手をやってくれれば気が楽だろう?
フ:確かに
霊:じゃあ妖夢でも構わないわ。面倒だし。
咲:逆に大トリを勤めさせるに一票。
こ:重ねて一票。
妖夢:何も言わずに聞いてたら……なんか私の位置が凄いことになってた……どういうことなんだろうか。

ユキ「聖地巡礼」咲夜「黒歴史」

ユキ:何故イチャイチャするユキみょんは黒歴史になってしまったのか。
咲夜:自分の軸がお門違いなのに気づいたんでしょう、きっと。
ユ:確かさくみょん軸だよね。うどみょんにするにしても何にしても。
咲:踏み台にされる!?とは思ったけれどいい感じにHENTAIにされてていい気分よ。
ユ:いやどこが。
咲:だって時を止めて淫らに犯すこともなければ生やさないし……なんかこうね、他の人の凄いイチャイチャしてるさくみょんね、私が攻めすぎてて妖夢のあそこがマッハ。でもその点私は天然だから。故意じゃないから。うっかりさんだから。
ユ:うっかり処女奪っちゃった~えへへ♪
咲:●す
ユ:でしょう?
咲:それね。
ユ:で、話を戻すんだけど……イチャイチャしてるのが夢乃どうもダメみたいで
咲:某チャットで快楽貪りあってたクセして~……
ユ:煩いぞ♪
咲:本当のことじゃないの。
ユ:ま、まぁ……そんな私と妖夢のカップリングがギャグに走り出すようになっちゃってね。
咲:でもユキみょんを掘り出したのも掘り下げたのも夢乃よね。
ユ:煩いぞ☆
咲:これは事実よ。受け入れなさい。
ユ:……掘り出した本人が拒絶するのってどうよ。
咲:さなみょんで子供、霊みょんで子供、新境地完結済み文みょん、三種さくみょん、淫乱マリみょん、求められるままにフラみょん……OK?
ユ:百合ニーズが人気キャラで賄えたのね……解せぬ
咲:ということで広辞苑VSポケモン図鑑でもやっときなさい。
ユ:はーい……

魔理沙「私の為に毎朝味噌汁を作ってくれないか」妖夢「」

魔理沙:だから結婚しようぜ。
妖夢:プロポーズか。
魔:告白もしてないのにな。
妖:ぶっ飛びすぎよ。
魔:という訳で妖夢、お前のことが好きだ。
妖:友達として?
魔:愛している。
妖:交わる事を前提に?
魔:お付き合いしませんか。
妖:現世の男性って大体こんなんよね。
魔:月が綺麗ですね位でいいと思うんだが。
妖:控えめのようでいてがっつがっつしてるのってあんまり好きじゃないわ。しかもそうとわかった上で行為に挑んだら下手とか……
魔:男を知った妖夢か。彼氏いるのか?
妖:彼女ならいるわよ。
魔:私だな。
妖:嘘だけど。
魔:嘘だけど。
妖:ライア。
魔:嘘つきな人……私だな!
妖:私の前で嘘言ったら斬る。
魔:そんな~。で、だ、妖夢。テクニシャンな私とならお付き合いできるだろ?
妖:いやいいからそういうの
魔:えー……