読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢乃時の夢日記

妄想の結果妖夢総受けこそが正義だったんだよ

魔理沙「ちょっと魔が差したんだ」妖夢「有罪」

魔理沙:まさに恋愛裁判ってか?
妖夢:私はあなたにどれだけの罪を問うと思う?
魔:え?いや罪以前に私妖夢に何もしてないから……
妖:これまでに何人の人の心を盗んだと思ってるの?
魔:ん、13人。私は清純派な女子だぜ。お前の心を盗めるようになるまでは盗み続けるつもりだ。
妖:有罪。
魔:いや捕まってすらないだろ。
妖:私の心を盗むまで人の心を奪おうとした。有罪。そもそも……寿命の差分かってるの?
魔:把握済みだ。でも、寿命の垣根を越えてまでお前を愛したいと思っている。
妖:求婚でもするつもり?
魔:ああ……私と共に努力を重ねてみないか?
妖:有罪。
魔:何でだよ。
妖:魔理沙に惚れた人には救いはないから有罪。
魔:ええ……?